ようやくディケアに通える

  • 2016.04.04 Monday
  • 22:03
以前『障がい者として生まれ変わったのに』と言うタイトルで
気がついたら両親と同じくらいの年の人のための
高齢者用施設に導かれていたと書いた。
そこは介護保険法が使える施設で

私のように人生途中で事故や病気で障がい者になり
しかも65歳以下の人に障がい者支援法による
介護保険とは別枠でリハビリや様々なサービスを
受けられるシステムがある。

認定を受けてから5ヶ月待ちでようやく支援法の
ディケアに通えるようになった
そこは朝皆でその日行きたい所を決め
そこに行ったらその人の能力に合わせたリハビリをする。

エスカレーターの練習やエレベーター・階段
そこにあるものが全て練習になる。

よくありがちなそれやっちゃあ駄目
あれやっちゃあ駄目と言わずこちらが助けを求めたら
ようやく手を貸してくれ
後は遠くで見ていてくれる。

いつも違う場所を経験することにより
自信もついてきてどんどん
改善される気がする。

しかし残酷なことに65歳の2日前にそのサービス
が打ち切られ只の老人になってしまう。
当初そんなことはあるはずがないと思っていたが
どうもほんとらしい

その矛盾で国の施策に対する非難がものすごくある
只私達が知らなかっただけである。
と言うことで私には後丸々一年しか残されていない。
余計そのことについて知らなかった大手介護事務所の
ケアマネに腹が立つ

延長できるなら延長したいし
訴えられるなら訴えたい
でも両方ともかなわぬ夢

こうなったら意地でも治してやる
治ったら絶対障がい者のために
なることをやってやる。
ざまあみろ!





  にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

ポチしてね

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM