脳卒中リハビリ考

  • 2016.01.02 Saturday
  • 18:29
JUGEMテーマ:自分のこと
入院中はPTやOTがまず必要なストレッチからはじめその後患者の状態に合わせたメニューを40分間こなす。
ほとんどの療法士はめんどくさいのか何でこういうことをやるのかしゃべらずに、必要な指示のみでこなす。
あなたの状態はこうでこういうことをやればこうなって機能向上の可能性があるから、やってみようなんて
言ってくれてれば退院してからの自己流リハビリもどんどん進んだかもしれない、
でも予後のこともあまり説明もなかったので自分自身は1年もたてばだいぶよくなり一人で少し外も歩けるようになり
手は一人でシャワーを浴びられるくらいはよくなるんじゃあないかとひそかな期待感があった。
とんでもない思い違いにまもなく気がついた。
南極の氷を真冬に溶かすくらいの根気が必要で左手は大リーグ養成ギブスを一日中つけているように重苦しく
足は足型の棒を取り付けて歩いているようでまったく頼りない。
入院中は療法士の指示で必要な介護を受けながらやっていたため、退院後はほんとどうしていいかわからなかった
療法士は療法士で家で生活を始めたとき数段でも階段上れるか食卓に座るとき右から椅子をひいて座れるか。
トイレのちょっとした段差を超えられるか。病院と違うトイレで用をたせるか転んだときに一人で起き上がれるか
そういったことで最後の仕上げを考えてくれていたため、退院後のリハビリの仕方なんて教えてくれる余裕はまったく
なかったようで、むしろいろいろ遣り残したまま退院しました。
次回はリハビリの考え方と方法について
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

ポチしてね

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM