左手一本のシュート

  • 2016.08.04 Thursday
  • 09:29
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

麻痺友に一ヶ月ほど前『奇跡のシュート』

と言うタイトルのユーチューブ

をご紹介したと思います。

それから書籍を見つけたので図書館で借りました。

 

山梨の名門高校日川高校に入学する数日前に

脳出血で倒れたバスケットの天才少年が本人の

壮絶な努力と周りのかたがたの友情で

高校の最後のゲームに出場し利き手交換した左手で

奇跡のシュートを決めるノンフィクションですが、

 

セラピストや関係者全員シュートどころかバスケのゲームすら

出ることが出来ないと思っていましたが、

本人の前向きな姿勢、気丈な母親の姿勢を尊重し

そのことは本人に話さず全員で一丸となりゲームに出るよう

導く物語ですが、

 

ストーリーは判っていてたかだか200数ページの書籍だが

ほんの数ページ読むと涙腺が緩んで進まない。

家族に恥ずかしいので皆が寝静まってから読む。

 

私も山梨の出身で日川高校出の友人もいる、

私の現役時代はスラムダンクの

顧問先生に似ていたところから

安西先生と呼ばれていたので親近感があるが

こんなにページ の進まない本は今までなく

 

同級生、先生方の応援、セラピストのただ筋トレに徹しない

リハビリの考え方、母親の本人への接し方、本人の前向きな姿勢

どれをとっても勉強になり是非同病の方にお勧めしたい一冊です。

 

※1冊読むのに4週間かかりブログアップにも支障をきたしてしまい

 申し訳御座いませんでした。

 

『礼!』

 

 

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村 にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
コメント
こんばんは。私も読みました!
一気読みの素晴らしい作品でした。
Youtubeの動画も本を読み終えた後に見ましたが、
田中君は本を読んで想像しいていたよりももっと
素直・純朴・真摯で、誰からも頼られ/愛される
人物であることがよく分かりました。

この本からは大きな感動と勇気をもらいました。
紹介をありがとうございました。
高木さん 健常の方でも泣けますか?優しい心をお持ちなのですね。
  • しの
  • 2016/08/07 8:10 PM
YouTube『奇跡のシュート』早速観ました。
涙がとまりませんでした。
主人公の青年は、バスケットの天才だけでなく、
人間的に本当に魅力のある方ですね。
なんの気負いもなく、まっすぐに、しかも柔らかく優しく自分の気持ちを語る姿に心が洗われました。
本も読みます。
良い情報をご提供くださりどうもありがとうございます!
  • 高木
  • 2016/08/07 10:52 AM
なおさん 
そうなんです。病院で遠くからわざわざお見舞いに来てくれた人に会うとビービー泣いていました。
  • しの
  • 2016/08/06 7:20 AM
この病気をするとなぜか涙もろくなりますね。
  • なお
  • 2016/08/05 10:53 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ポチしてね

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM