通信簿

  • 2016.06.04 Saturday
  • 13:08
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
【通信簿】
学校における児童・生徒の学業成績・行動状況・健康状態、およびそれらに対する所見を記入し、家庭に通知するための書類。通知簿。通知表。

学期が終わるとそれぞれ夏休み・冬休み・春休みの前に通信簿が渡される。
そのときは特に嬉しくも無く待ち遠しくも無い存在だった。

しかし今は違う。オール1(私の児童のときは1から5までの5段階評価だった)
で生れ落ちた私は1年と少したってどういう風に成長したか知りたい。
入院中は自分はどのくらいの成績なのか出来は良いのか悪いのか。
もちろんPTやOTから出血の場所が悪く重い後遺症が残るといわれ続けてきたから
オール1と言うことは気がついている。

でも書き取りは何点か計算問題は何点か体育は
何点か歌は歌えるのか絵は描けるのか
誰も具体的な成績表をくれなかったので
もやもやとしたものが残っていた。

未だ一人で風呂に入れない子は世の中で
何人いるかわからない。
今脳卒中のリハビリは加速度的に進んでいるので
通信簿を要求する人も多くなっているだろう。

脳梗塞リハビリセンターで独自のステップアップシート
なるものを導入したと言うニュースが耳に入った。
延べ3000人のリハビリ実績から生まれたノウハウが凝縮
と書いてある(よく考えたら創設して未だ1年半なので
そんなにいるわけがない)改善の進捗がわかる。
リハビリ期間がわかる。コスト感がわかると書いてある。

生れ落ちてすぐ馬鹿なケアマネが私の両親と
同じ年ぐらいの人が入っているディサービス
にぶち込んでくれたおかげで 『リハビリせんと
廃人にナッテマウ』と言う脅迫観念のもと

ネットで探し数回通ったのが脳梗塞リハビリセンター。
その時は目標を定めそれに沿ったプランニングでリハビリやりましょう
なんて言われたがいつまでたっても目標設定してくれず
何回か文句を言ってようやく目標を定めてくれた。

今となってはそこしか当時の私の能力を把握している人がいない
(回復期リハビリ病院は以前ブログに投稿したように実に頼りない)
リハセンに私の思いを告げ1年後の評価をしてもらった。
PTによる評価と鍼灸師による感覚の評価だと言う。

8,000円と言うことで高いと思ったが、
今後これをベースに2年後も3年後も使えるかと
思い清水の舞台から飛び降りた。

しかし鍼灸師は2,3ヶ所鍼で刺し『感じませんか?』
で終わる。
その時目標設定した
3ヵ月後には装具無しで歩けるように
しましょうがあったのに装具を脱いでの評価はしなかった。

もっと5段階くらいの大きなステージがあり
項目ごとに点数が入っている素人にもわかりやすい
ものがクルと思っていた。

後日送られて来たのは2枚の紙ぺら
PTの医学用語で
『左立脚期が延長していますが、反兆膝が軽減しいまより……』
何のこっちゃ
もちろん鍼灸師による感覚の評価はどこにもない。

8,000円と介護タクシー代をどぶに棄ててしまった。
悔しい、悔しくて夜も寝られない
(これは高次脳機能障害の症状かな?)






 
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
 にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
コメント
なおさんみんみーんさんいつもありがとう。信頼おける人が変化や成長を見てくれるのが大事なのですね。
  • しの
  • 2016/06/08 8:41 AM
変化や成長を見とってもらわないと、間違った方向にすすんでないか心配ですね。私は、2ヶ月の左足負荷自主トレと坂道練習で、反張膝が見られなくなりました。訪問リハのおかげです。
やはり医療での定期的なフォローを望みます。
  • みんみーん
  • 2016/06/08 7:41 AM

分かります。
今まで私が出会った信頼おける理学療法士2名作業療法士1名
でも、出会いは恵まれている方だとおもいます。
  • なお
  • 2016/06/06 2:01 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

ポチしてね

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM