『しのちゃんの卒中復帰 第二部』 神セラピストによる測定会とトレーニング

  • 2016.09.19 Monday
  • 12:33

 

本文のコンセプトと違うところがあればお許し下さい
絵はGSDをつける、左麻痺の本人

 

 

 

しばらく夏休みとらせていただきました。

発症後2年を向かえここで心新たに今までと

違った麻痺患者の視点でブログを投稿しようと思います。

『しのちゃんの卒中復帰 第二部』

麻痺患者のバイブルになるをお届けします。

 

 

ありがたいことに1年に2回

セラピスト達にとっても神的存在で

講習会もすぐ満員になるほど人気の高い

京都大学 大畑光司先生と大学院医学研究科が

チームを組み測定会をしてくれる。私は今回2回目

 

内容は筋力、筋の硬さ、バランス等の測定

筋電図をつけて歩行能力の計測、

 

測定終了後

より自然な歩行を獲得するため

歩行時の問題点や運動の状況について

測定データを基に説明してくれ

 

大畑先生自ら家庭でできるトレーニングの仕方

を映像を撮って指導してくれる。その間約4.5時間。

 

結果は『筋力は十分にあるしかしバランスが悪く

歩行スピードにつながっていない。』

そこで麻痺側の踏み込みかた健側の出し方と歩行スピードのあげ方

のトレーニングを繰り返しやってくれた。

トレーニング前のビデオと後のそれでは明らかに歩容が違い

筋電図も歩行に必要な筋肉が動くことを示した。

 

今Hリハビリテーション病院の通所リハで繰り返しやらされていた。

シューホンに履き替えバックニーを和らげるリハは

私の疑問通り無駄と判った。

 

無論リハの考え方方向性の違いはあるだろう

しかしこれだけデータを基に順番に説明を受け

さらに映像で証明されれば納得がいく。

 

自宅に戻り早速大畑先生のリハビリに関する考え方

を検索した。

 

―侏茲襪世永發こと

∩瓩歩く訓練をすること

http://ryouhoushi.net/page36

 

今までの癖が付いているため一朝一夕では出来ないだろう

しかし訳のわからない覚えられないトレーニングを

繰り返すよりこんな簡単なことを念頭に自主トレを

すればセラピストも要らずモチベーションも上がる。

 

どうもありがとう御座いました。次回も参加させてください!

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ポチしてね

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM