1歳上半期の目標

  • 2016.02.07 Sunday
  • 18:56
現在やり始めたもの、やろうとしているもの
とりあえず列挙します。
そして結果をこのブログに載せます。

まもなくゲートソリューションが自分のものになります。
麻痺足に装着して動くわけですから
前の装具より楽ですがなんらかの
問題点有です。そのどたばたについて

今ナサで開発された3次元高速振動マシン
パワープレート
なんとホンノ1ヶ月半で筋肉がついています。

加圧トレーニング もう少し慣れたら
パワープレートと組み合わせ相乗効果
を期待したいと思います。

水中ウォーキング 今年はスイミングコーチの
指導で泳ぎも取り入れ体幹を鍛えようかと
思います。

ロボットスーツ春その◆〃酲に1週間の
リハビリを受けるつもりです。
どういう効果が出るか?

無動力歩行機アクシブ 昨年11月渋谷の
超福祉展で試着しバランスさえ取れて歩ければ
足は自然に上がってくれることを体感。
どこでリハビリを受けられるか研究中

その他 HANDS療法やBMI療法の適正診断を
受けようと思っています。 

何が効いたかわかんねえよと笑われますが
とにかく良くなりたい。
不思議なもので何が効いているのか
は大体判るよ。
でも結構良い順番で進んでいると思う。

生まれたら違う世の中が

  • 2016.01.25 Monday
  • 21:38
障がい者として生まれ変わったのに
気がついたら両親と同じくらいの年の
高齢者用施設に導かれていた。

病院で知り合った麻痺友がデイケアなる
障がい者用のリハビリ施設に通っていると言う。
私は退屈でたまらないディサービスなる高齢者施設に入れられた。
早速ケアマネに聞く‘S区にはありません。’はっきり堂々と言う。

しかし、福祉に詳しい人に聞く ‘ありますよ’
『エッ エ〜?』絶句
早速自分で確認『アッ アッター!』
どんどん調べ見学も行く。
障がい者支援法の認定を受け申し込めば入所できるとの事
大急ぎで認定してもらい、認定の旨を施設に告げる。

待てど暮らせど入所の知らせは来ない
あっという間に3ヶ月たつ
冗談じゃあないもうそろそろ64歳にナッテマウ。
そうでなくてもおとうやおかあとすでに一年過ごした。
(支援法は65で打ち切られるらしい)

陰謀説がある
障がい者には詳細を教えず
介護認定を取り そのまま高齢者施設に放り込もう。
人生途中で障がいになり、
遊び足りないとか悔いを残す若者?には
再起のチャンスは与えないでおこう。
ジャジャジャジャジャーン♪  運命?

どおりで病院でも何も教えてくれないはずだ
この憤りをどこにぶつけたら良いのだろう。

そー視あるワーかめ!け 天ねめ!

※これは決して高齢化社会批判でなく、高齢者と障がい者
を一緒に考えている社会があると言う事実です。




 

生まれたら違う世の中が!

  • 2016.01.24 Sunday
  • 18:42
2015年2月回復期病院を退院し
新しく障がい者として生まれ変わりました。
この一年を振り返るとまずはリハビリ

理学療法士や作業療法士が
いつまでもついてくれるわけではないし
歩行練習だけでは一生歩行練習で終わりかな
と嫌な予感

リハ病院では一時間のうち30分はストレッチ
残りは体重のかけ方、立ち方練習・歩行練習をします。
要するに一人では不可能か面白くないかです。

それで症状と相談しながら少しネットで勉強もして
要するに自己流リハを創作してみようと思い立ち
リハと名前を付けました。

他は訪問リハを週2時間。
スポーツマシンのあるディサービス
なるべく安くて効果のありそうな民間療法を試して見る。
新しい世の中でどう暮らしていけるかが勝負かな?

半年はそんな考えで精一杯でしたが、だんだんいろいろ
疑問が出てきて新しい人生失敗しているんじゃあないかと
思いはじめました。

あまりにも勉強不足で無知な自分に気がついたからです。
                 
                     つづく

新聞記事

  • 2016.01.14 Thursday
  • 20:20
今朝の全国紙の一面は非常に珍しく
ファン女性ががっかりする『国民的アイドルグループS』の解散と
脳出血患者に朗報な『脳出血まひ回復の道判明』だった。


脳出血・脳梗塞・くも膜下出血 あわせうちで
脳卒中と呼んでいるが脳出血だけを特定してる記事はあまり見ない
と言うのは脳出血が現在一番後遺症が残りやすいらしい。
効率の良いリハビリを行うと遮断された脳神経がつながるらしい。


こういう記事を読むとますますモチベーションが揚り、
がんばらねばと思う。
1に 可動域 2に 刺激   3に こうしゅくをとる

筋トレは流行ではないらしい。神経がつながれば
筋肉もついてくるらしい。

 

まずは自己紹介

  • 2015.12.30 Wednesday
  • 15:53
JUGEMテーマ:自分のこと
1952年Y県K市に誕生
実年齢63歳 脳年齢2016年2月1日で満1歳予定
高血圧 糖尿病 肝臓病 肥満 遺伝 酒 食事 そのどれかまたは複数理由で2014年9月突如脳出血を発症
それまでは一級建築士として各種建築設計に携わる 特に住宅・医院・別荘・スタジオ・耐震診断・補強設計等
一人で勝手気ままに仕事をしていたのが災いしたか重度の左片麻痺が残る。
この年で引退するわけにもいかず、楽しいことをずいぶん遣り残した思いでぜ〜ったいに復帰してやると思いつつ
関連書籍・先輩達のブログ・新しい医療情報・リハビリ情報を片端から読み漁り・ネットサーフィンをし
自己分析とリハビリの日々をおくる。
生まれた時の症状(2015年2月1日 維持期としてリハビリ病院を退院) 
上肢 左肩亜脱臼が残り肩はあがらない・肘は曲がらない・当然指は動かない
(入院中は車椅子上でも脱臼が悪くならないように左手を乗せるテーブルやクッションをあてがわれる。)
下肢 4点杖で歩幅20cmくらいヨタヨタヨチヨチ歩き一回の走行距離20mくらい。
その他いろいろな症状があり書いたらきりがないのでおいおい書いてゆきます。
次はリハビリについて私が思うことを書きます。


 

そろそろ1歳

  • 2015.12.29 Tuesday
  • 22:03
2914年9月被殻脳出血でTK病院へ緊急搬送される。
出血は一昼夜止まらず、運動神経をまたいでの出血なので相当ひどい麻痺が残ると診断。
63の働き盛りなのでなんとかせんといかんと思い、なにも判らない中、独自リハビリで復活を決意。
リハ病院を退院し維持期に入った日を誕生日と定め2016年2月1日に満1歳になる私の1年間で経験したことや
突然この病気になった人にはわからないことや、1歳になるまでの独自リハの数々を紹介しつつ、
ブログつくりをやってみようと思います。
と言うのは私自身、医学知識・専門用語・法律・福祉の世の中・予後のことわからないことずくめでようやくこのごろ
知識も少し出て考えを言えるかなと思い。何人かの参考になるブログはあるものの、この病気の症状は人それぞれであるため
いろんな人の考えがわかったほうが良いのではないかと思い、徒然なるままに書いてみようと思います。
次回は自己紹介やリハビリに関する考え方を紹介しようまと思いす。
お楽しみに



 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ポチしてね

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM