長嶋監督に応援

  • 2016.08.15 Monday
  • 21:27

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

東京慈恵会医科大学リハビリテーション科

のFACEBOOKに

『発症後10年以上になる長嶋監督がTMS治療を取り入れ

  成果を上げている』という記事が載った。

 

『TMS治療』とは東京慈恵医科大学病院を中心に

行っている、磁場による過電流で脳を刺激する治療。

最近は下肢もやり始めたようだが

主に上肢機能の回復を目指す。

 

筆者も実はTMSの適応診断を

3度受け全て討ち死にしている。

 

ミスターもトレーニングではなく脳リハに目覚めたのか

 

通常は2週間入院し

まずなにが出来るようになりたいか

目標を設定する。

午前午後一回ずつ

TMSを受け

各1時間の自主トレをする。

OT,PTのセラピ

ーも各1時間ずつ受ける。

 

ミスターも同じメニューをこなしているのかは

わからないが

 

半年に1回ずつ入院リハビリする

システムになっているので

数年後にはバットを振ったり華麗な守備をする

ミスターを拝むことが出来るかもしれない。  

 

『フレーフレー 長嶋!』

 

 

 

※写真では伺えないが所作ファッションとも片麻痺患者には見えない。

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
 にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

上肢リハビリの変遷

  • 2016.05.09 Monday
  • 05:50
むかし むかし
(どの位か全く判らない もしかしたらつい最近まで?)
上肢は 健側(以降kenと呼ぶ)を鍛え
動かない麻痺側(maiと呼ぶ)は寝かせたままにする。

kenに英才教育を施ししかもやんちゃに育てる。
maiは大事に大事に箱入り娘?
(女の子かどうか判らない)に育てる。

例えが下手なので良く判らないだろうが
私自信良く判っていないので書きようがないが
少し前の麻痺患者はジャンケンでパアを出されると
負ける。

一時的ではあるが 『どS』の調教師が現れる。
この人はmaiをどうしようと思っているのか
泣き叫ぶmaiを鞭で打つは蝋燭を垂らすは
くたくたになるまで働かせるは
見ていてかわいそうなくらい
こき使う。

kenは逆に袋入り息子ならぬ
ミット入り息子でほったらかされる。

『ci法』と言う名前を
つけてもらっているが巷のうわさでは
ある程度状態が良く
お転婆なmaiを選んで
鍛えて売りに出すつもりらしい。

あまりはやらなかったらしく
次は『両側性転移』難しい名前で
リョウソクセイテンイ と読むらしい。

これはkenを先にダンスをさせ
maiにまねさせるとか、
kenとmaiの間に鏡を置き
maiに自分が踊っていると
錯覚させるとかちょっとずるい
方法らしい。

最近はどんどん難しくなるが
『両手指協調トレーニング』Bimanual Training
美魔女とは無関係らしいが
kenもmaiも好きに遊びなさい。
決して同じ遊びをしてはいけないよ
と言う超放任主義の方法らしい。

お詫びですがこの文の作者は
どの方法も試したことも
見たこともありません。
ただの想像で書いていますので
お許しください。

 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村 にほんブログ村 リハビリテーション にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ポチしてね

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM